秩父温泉「梵の湯」口コミ&体験レポ!割引会員料金からキャンプ場までご紹介します

スポンサーリンク
秩父川端温泉 梵の湯 温泉
秩父川端温泉 梵の湯
スポンサーリンク

秩父市の有名温泉、秩父川端温泉「梵の湯」を体験してきました。


関東屈指の重層泉として名高い梵の湯はその効果から高い人気を集めている天然温泉です。


今回は「秩父温泉「梵の湯」口コミ&体験レポ!割引会員料金からキャンプ場までご紹介します」と題して実際に利用した梵の湯の各施設について感想を交えてご紹介させていただきます。


ぜひ梵の湯のご利用を計画している方は参考にしていただければ幸いです。


秩父温泉「梵の湯」の割引料金の詳細からご利用の際にお得なクーポン情報、すぐそばのドッグランやキャンプ場、営業時間などについてまとめてみました。

スポンサーリンク
  1. 梵の湯 駐車場
  2. 梵の湯 受付
  3. 梵の湯の館内着
  4. 梵の湯 売店
  5. 梵の湯のレストラン/休憩室
  6. 梵の湯の脱衣所/アメニティ
  7. 梵の湯の温泉
    1. 屋内
    2. 室外(露天風呂)
  8. 梵の湯サウナ
  9. 梵の湯 足湯
  10. 梵の湯 岩盤浴
  11. 梵の湯 喫煙所
  12. 梵の湯 寝ころび処
  13. 梵の湯 ほぐし処(マッサージ)
  14. 梵の湯 個室と貸切風呂
  15. 梵の湯 カラオケルーム
  16. 梵の湯へのアクセス
    1. 梵の湯へ車で行く場合
    2. 梵の湯へ電車で行く場合
  17. 梵の湯でwifiはつながる?「梵の湯」の読み方とお風呂の温度は?
  18. 梵の湯で会員になるには?
  19. 梵の湯 料金と営業時間【日帰り】
  20. 梵の湯でクレジットカード、キャッシュレスは使える?
  21. 梵の湯で赤ちゃんのオムツは変えられる?
  22. 梵の湯の割引クーポン&会員限定お得情報
  23. 梵の湯は源泉掛け流し。泉質(ph/成分)と効能
  24. 梵の湯の混雑状況
  25. 梵の湯の求人情報
  26. 梵の湯でタトゥー、刺青はOK?
  27. 梵の湯でドッグランも楽しもう!
  28. 梵の湯に隣接するキャンプ場でバーベキューも楽しもう!
  29. 梵の湯は年末年始に営業してる?
  30. 梵の湯は宿泊もできる?
  31. 梵の湯付近で宿泊できる周辺ホテル
    1. ミッションヒルズ迎賓館
    2. いこいの村ヘリテイジ美の山
    3. 和銅鉱泉 薬師の湯 ゆの宿 和どう
  32. 梵の湯に実際に行った人の評判
  33. 梵の湯に実際に行ってみた感想まとめ
    1. おすすめ関連記事
  34. 梵の湯の住所・電話番号

梵の湯 駐車場

駐車場は梵の湯の施設に併設されています。

梵の湯 駐車場

梵の湯 駐車場


梵の湯 駐車場

梵の湯 駐車場


駐車料金は無料。約75台ほど駐車可能です。屋根付きとそうでないスペースがあるのでお好きなほうを。


車椅子用駐車スペースもあります。

スポンサーリンク

梵の湯 受付

梵の湯では下駄箱はかなりの数が用意されています。

梵の湯 下駄箱

梵の湯 下駄箱


梵の湯は受付で下駄箱の鍵を預けます。代わりに来館者の番号ホルダーを渡されるので退館まで無くさないようにご注意ください。


梵の湯は料金先払いになります。受付横に券売機があるのでそちらでチケットを購入してください。
梵の湯 券売機

梵の湯 券売機


券売機は現金及び会員カードからのチャージ金のみです。ご注意ください。


最近の温泉施設では入館時に受付で腕輪を渡されてその腕輪のセンサーで買い物・食事をして退館時にまとめてその情報を読み取って料金を清算という流れが一般的ですが、梵の湯では入館後の支払いはその都度行うことになります。


現金をしっかり財布に用意しておいた方がいいでしょう。


レストランや自動販売機での購入にも現金が必要です。


受付横には芸能人のサインがところ狭しと貼られていました。
梵の湯

芸能人のサインがいっぱい

スポンサーリンク

梵の湯の館内着

梵の湯では館内着の貸し出しは行っておりません。こちらも今では珍しいですね。


特にこだわりのある方は少ないと思いますが、これから梵の湯に行かれる予定の場合はご注意ください。


ちなみに同じ秩父の温泉である、「西武秩父駅前温泉 祭の湯」では「祭の湯」のロゴが入ったオリジナル館内着をレンタルしています。気になった方はこちらもチェックしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

梵の湯 売店

受付のすぐ横が売店になっています。

梵の湯 売店

梵の湯 売店


売店というよりも、ロビーの一角が売り場になっているといった感じです。


なんと洋服を売っています!市内の洋服店からの委託販売かもしれません。
梵の湯 売店

梵の湯 売店


他にも特産品が色々と販売されています。
梵の湯 売店

梵の湯 売店


野菜も売っています。ちょっとした農産物販売所です。
梵の湯 売店

梵の湯 売店


オリジナルの温泉の素も販売中。話のネタにおひとついかがでしょう。

スポンサーリンク

梵の湯のレストラン/休憩室

受付を右手に進むとすぐにレストランです。

梵の湯 レストラン

梵の湯 レストラン


室内に座敷が19席ほど。室外にテーブルがあります。
梵の湯 レストラン

梵の湯 レストラン


正面にテレビあり。食事は事前に券売機で購入。こちらも現金及び会員カードのチャージのみです。
梵の湯 券売機

梵の湯 券売機


食券を購入すると自動的にオーダーが連絡されるので、食券を係の人に渡さなくても大丈夫です。


券売機側のスペースにはカウンターと別のテーブル席あり。
梵の湯 レストラン

梵の湯 レストラン


テレビ左のモニターに番号が表示されたら料理を取りに行きましょう。
(放送もかかります)
梵の湯 レストラン

梵の湯 レストラン


こちらがメニュー表。
梵の湯 レストラン

梵の湯 レストラン メニュー表

秩父の名物「わらじかつ丼」がここでも食べられます。

会員の方は割引価格になるのでまた来ようと思っている方は入会を検討してみるのもおすすめです。


漫画も置いてあるので料理ができるまで暇つぶしできますよ。
梵の湯 レストラン

梵の湯 レストラン

スポンサーリンク

梵の湯の脱衣所/アメニティ

浴場に行く途中には貴重品ロッカーがあります。

梵の湯 貴重品ロッカー

梵の湯 貴重品ロッカー


休憩スペースと、


梵の湯 休憩スペース

梵の湯 休憩スペース


マッサージ機が4台ほど。料金は1回200円です。
梵の湯 マッサージ機

梵の湯 マッサージ機


自動販売機もありました。
梵の湯 自動販売機

梵の湯 自動販売機


脱衣所はそれほど広くありません。


中央に衣服を入れるかごが置いてあります。


現在の温泉はロッカーのみという施設が多いので逆に珍しいですね。


またロッカーは正方形タイプ。受付で渡された番号とは連動していません。好きなロッカーをお使いください。


洗い場は14席。混雑時は少し待つことになりそうですね。


シャンプー、コンディショナー、ボディソープがそれぞれ別々に用意。洗顔料は置いていないので、気になる方は持参しましょう。(実際に持ってきてる方がいらっしゃいました)


洗面台は4つ。綿棒、ヘアトニック、ヘアリキッド、シェービングあり。ローションは置いてありません。


洗面台の横に冷水機(水呑場)あり。


浴場の中には無いのでサウナや岩盤浴の前にはここで水分補給を行いましょう。

スポンサーリンク

梵の湯の温泉

温泉は屋内と屋外にそれぞれ用意されています。浴槽は室内に浴槽が1つ。室外には露天風呂が1つ。室内のお風呂は広めに作られておりかなりくつろげる一方、露天風呂の方は自然を見ながらまったりできます。

屋内

天然温泉100%だけあって入るとかなりヌルヌルします。


浴槽の端っこで横になれるようになっているのでゆっくりしたい方はご利用ください。


試しに横になってみましたがなかなか気持ちよかったです♪


滑り防止のために浴場内にも畳が敷いてあります。こういう配慮はとてもありがたいですね。

室外(露天風呂)

実際入ってみた感じでは室内の浴室ほどヌルヌルしなかったので温泉の成分が薄いのかもしれません。(ひょっとしたら温泉ではないのかも)


覗き防止のために柵が設置してあるのでロケーションはあまりよくありませんが、目の前に植えてある松の木などを楽しみながら入浴できます。


しかし、くつろげるようにスノコと深めの椅子が用意されていました。


たっぷり露天風呂に使ったあとはこちらで体を休めると良いでしょう。


露天風呂から見える景色も目の前に木々が植えられているのでお風呂につかりながら自然を楽しめるのも素晴らしいです。

スポンサーリンク

梵の湯サウナ

サウナは2種類あり、高温と低温に分かれています。どちらもテレビは無く、かなり狭いスペースで最大でも7〜8人といったところ。


ソーシャルディスタンスを気にされる方には窮屈かもしれません。


ちなみに私が利用したときは低温サウナが50℃、高温サウナが92℃でした。


特に梵の湯館内で案内も無いことからロウリュウなどのサービスは行っていない模様です。


※新型コロナウィルスなどの影響により、利用が制限される場合があります。ご了承ください。

スポンサーリンク

梵の湯 足湯

残念ながら梵の湯には足湯はありません。


足湯も楽しみたいなら「せいねの湯(星音の湯)」をおすすめいたします。

スポンサーリンク

梵の湯 岩盤浴

岩盤浴は完全予約制です。入館前の事前予約はできません。


時間は30分間。時間割がこちらになります。
 

岩盤浴時間割
開始時間 終了時間
10:00 10:40
10:50 11:20
11:30 12:00
12:10 12:40
12:50 13:20
13:40 14:10
14:20 14:50
15:00 15:30
15:40 16:10
16:20 16:50
17:00 17:30
17:50 18:20
18:30 19:00
19:10 19:40
19:50 20:20
20:30 21:00

予約をすると5分前に岩盤浴室前に待機するように指示されます。


時間までに入浴して体を温めておきましょう。


場所は10床ありますが、ソーシャルディスタンス配慮のために1床置きの利用となっていました。


枕は木の枕ではなく、柔らかい布の枕が用意されていたのでちょっと驚きました。おかげで頭周りも快適な状態で寝ることができます。


岩盤浴そのものもとても気持ちよかったです。時間も30分とやや長めなのでじっくり汗をかくことができました。


強いて言うなら流れている音楽の音量が小さい方が寝やすいかなと感じました。


スタッフの方によると一番奥の床が最も熱くなるそうです。その時間の利用者が私だけだったからか、教えてくれました。


実際寝てみたら、たしかに熱かったです。お尻が熱くなって何度か姿勢を変えました。参考までに。

スポンサーリンク

梵の湯 喫煙所

館内は禁煙。喫煙所はレストランのベランダになります。

梵の湯 レストラン

喫煙はこちらで。


灰皿はここにしか無いのでご注意ください。

スポンサーリンク

梵の湯 寝ころび処

残念ながら梵の湯には寝ころび処はありません。


どうしても横になりたい方はレストランで座布団を複数枚使って寝ましょう。(実際にいらっしゃいました)


個人的にはアイマスクと耳栓を持参することをおすすめします。

ちなみに温泉をまったり楽しんだ後、横になってひと眠りしたい方は、広い寝ころび処がある秩父温泉 「満願の湯」がおすすめです。

スポンサーリンク

梵の湯 ほぐし処(マッサージ)

梵の湯のマッサージは予約制です。

梵の湯 マッサージ

梵の湯 マッサージ

お客様の体の状態によって施術内容を決めるので、各個人に合ったマッサージを受けることができます。


梵の湯 マッサージ

梵の湯 マッサージ


マッサージを受けられるのは火・水・木・日曜日の14時~20時です。

スポンサーリンク

梵の湯 個室と貸切風呂

個室の予約はフロントで行います。


入館前の事前予約は受け付けていないそうです。


個室を利用したい方は入館時に予約をしてしまいましょう。


個室は通常の個室と貸切風呂付きの個室の2種類があります。


梵の湯 個室

梵の湯 個室


予約電話番号:0494-62-0620


※新型コロナウィルスなどの影響により、利用が制限される可能性があります。ご了承ください。

スポンサーリンク

梵の湯 カラオケルーム

なんと梵の湯にはカラオケルームがあります。

梵の湯 カラオケルーム

梵の湯 カラオケルーム


金額は90分/1000円。


こちらは先に利用者がいる場合は相席になります。貸し切りにはなりませんのでご注意!


団体客向けらしくかなり広い作りです。


家族旅行ではなかなか利用の機会がないと思いますが、大勢の友達とお出かけの際は利用してみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

梵の湯へのアクセス

梵の湯は鉄道の駅から離れていますので、車でのご来場をおすすめいたします。電車でも最寄り駅までは行けますが、駅からタクシーを使うことになるのであまり推奨できません。それゆえに温泉好きの皆様からは「穴場」として親しまれています。

梵の湯へ車で行く場合

関越自動車道の花園インターチェンジから30分ほどになります。


▼花園インターチェンジから梵の湯への地図はコチラ
google map

梵の湯へ電車で行く場合

秩父鉄道・皆野駅からタクシーに乗り換えとなります。

秩父鉄道・皆野駅

秩父鉄道・皆野駅


駅前にタクシー会社がありますのでそこからタクシーに乗ってください。10分ほどで到着します。
皆野駅のタクシー会社

皆野駅のタクシー会社


ちなみに池袋駅から皆野駅までは2時間ほどかかります。


▼池袋駅から皆野駅への地図はコチラ
google map

スポンサーリンク

梵の湯でwifiはつながる?「梵の湯」の読み方とお風呂の温度は?

梵の湯では専用のwifiが用意されています。


壁にwifiのパスワードが貼ってありますのでネットに接続したい方は確認してみましょう。


実際に接続してみた感じではそれほど不自由を感じませんでした。極端に遅いということも無いと思います。


それから「梵の湯」は「ぼんのゆ」と読みます。


室内の浴槽の温度計を確認したところ、41℃でした。露天風呂も同じくらいの熱さになっています。

スポンサーリンク

梵の湯で会員になるには?

梵の湯の会員になりたい方は受付で申し込みましょう。会員費は500円。


会員になると会員カードを渡されます。
梵の湯 会員カード

梵の湯 会員カード


以後、こちらのカードにお金をチャージして施設を利用すると割引価格で利用することができます。SUICAのイメージですね。


チャージしたお金は戻ってこないので利用が多くなりそうにない方は会員になっても多めにチャージするのは控えましょう。

スポンサーリンク

梵の湯 料金と営業時間【日帰り】

梵の湯では19:00から料金が割安になります。

平日 フリータイム 19時以降
一般 会員 一般 会員
大人(中学生以上) 880円 820円 780円 720円
小学生以下(4歳以上) 600円 550円 550円 500円
乳幼児(3歳以下) 350円 320円 250円 220円
岩盤浴 300円 100円

 

平日土・日・祝祭日 フリータイム 19時以降
一般 会員 一般 会員
大人(中学生以上) 980円 920円 930円 870円
小学生以下(4歳以上) 750円 710円 700円 660円
乳幼児(3歳以下) 500円 450円 470円 410円
岩盤浴 350円 100円

 
タオルは販売が350円、レンタルが250円です。


営業時間は午前10:00~午後10:00。最終受付は午後9:00となります。

スポンサーリンク

梵の湯でクレジットカード、キャッシュレスは使える?

盆の湯では入館チケットもレストランや自動販売機もすべて現金処理なのでクレジットカードやキャッシュレスは扱っておりません。


残念ですが現金を用意しておきましょう。


ちなみに「西武秩父駅前温泉 祭の湯」では入館時に渡されるリストバンドで全ての会計を管理しているので、退館時にクレジットカード&キャッシュレスでの清算が可能。お金を持ち歩きたくない方におススメです。

スポンサーリンク

梵の湯で赤ちゃんのオムツは変えられる?

梵の湯には通常のトイレの他に障害者向けトイレが設置されています。

梵の湯 障害者用トイレ

梵の湯 障害者用トイレ


その中に赤ちゃん用の台が配備されていました。こういう配慮はとてもありがたいですね。
梵の湯 オムツ台

梵の湯 オムツ台


乳幼児をお連れのご家族の皆様も安心してご利用いただけますよ♪

スポンサーリンク

梵の湯の割引クーポン&会員限定お得情報

残念ながら、2022年1月現在、梵の湯のクーポンは提供されておりません。


しかし梵の湯では会員になると入館料と岩盤浴が割引になるだけでなく、レストランでのお食事も一部値引きされます。


たとえばわらじかつ丼は1000円→950円。


チャーシューメンは840円→810円。


残念ながら個室やカラオケルームの値引きはありません。


休日の岩盤浴が350円→100円になるので2回利用すれば会員費の元が取れますよ♪


近隣施設のドッグランも割引になります!併せてご利用される方はぜひ!

スポンサーリンク

梵の湯は源泉掛け流し。泉質(ph/成分)と効能

梵の湯はアルカリ性が非常に強く、マイナスイオン効果が大きく期待できます。


実際の効果としては切り傷ややけどなどの外傷から、神経痛、疲労回復、慢性皮膚病、食欲増進、婦人病、美肌効果などの効果が期待できるそうです。

実際に梵の湯を利用した人も大満足の様子。あなたもお肌をスベスベにしませんか?!

スポンサーリンク

梵の湯の混雑状況

混雑状況をスタッフの方に聞いてみました。

平日は基本的に空いています。土曜日はスプラッシュガーデン秩父でキャンプをした方が梵の湯を寝る前に利用しに来るので夜は非常に混みます。また、日曜日はキャンプを終えた方々が帰り際に利用されるので、お昼前と午後の夕方までがかなり混んでいます。

休日に行くとしたら土曜日の午前中か、日曜祝日の夜が狙い目と言えそうです。

スポンサーリンク

梵の湯の求人情報

梵の湯では受付スタッフを募集しているようです。※2021年1月31日現在の情報です。

梵の湯 求人情報

梵の湯 求人情報


温泉施設で働いてみたい方は連絡してみてはいかがでしょうか。


連絡先:0494−62−0620

スポンサーリンク

梵の湯でタトゥー、刺青はOK?

梵の湯では入れ墨・タトゥーを体にされている方は入浴をお断りしています。

梵の湯でタトゥー、刺青はお断り

梵の湯でタトゥー、刺青はお断り


人によっては施設自体に良くない印象を受ける可能性があります。どうかご自重ください。

スポンサーリンク

梵の湯でドッグランも楽しもう!

梵の湯の隣にはドッグラン施設の「スパ・ドッグズラン秩父」が併設されており、ペットと一緒に温泉を楽しむことができます。

スパ・ドッグズラン秩父

スパ・ドッグズラン秩父


スパ・ドッグズラン秩父にも梵の湯を活用したお風呂があるのでペットをお連れの方はぜひご活用ください!


TEL 0494−62−3399
FAX 0494−62−0662


スパ・ドッグズラン秩父 公式サイト

スポンサーリンク

梵の湯に隣接するキャンプ場でバーベキューも楽しもう!

梵の湯を奥に進むとオートキャンプ場「スプラッシュガーデン秩父」があります。

スプラッシュガーデン秩父

スプラッシュガーデン秩父


スタッフの方によるとキャンプ場を利用した方は梵の湯も利用することが多いそうです。


区画は100もあり、土曜日などは満室になるとのこと。
スプラッシュガーデン秩父

スプラッシュガーデン秩父


デイキャンプ(日帰り)にも対応していますので、夕方までキャンプ→梵の湯に入って帰るという計画もアリですよ!


▼予約はコチラから
満願ビレッジオートキャンプ場の予約状況を確認する

スポンサーリンク

梵の湯は年末年始に営業してる?

梵の湯は基本的に年中無休なので年末年始も営業しています。


キャンプやドッグランで疲れた体を梵の湯でしっかり癒しましょう!


梵の湯は秩父神社から車で15分の距離なのでおすすめです♪

ただし、梵の湯の年末年始の料金は祝祭日と同じ金額になる可能性があります。ご注意ください。

スポンサーリンク

梵の湯は宿泊もできる?

残念ながら梵の湯は日帰り温泉なので宿泊することはできません。


その代わりに梵の湯の近くでおすすめの宿泊施設を紹介させていただきます。


ちなみに温泉をまったり楽しんだ後、すぐにチェックインしたい方は、宿泊施設が併設されている
秩父湯元「武甲温泉」がおすすめです。(こちらは別館が宿泊施設になっています。)

スポンサーリンク

梵の湯付近で宿泊できる周辺ホテル

梵の湯では宿泊できませんがおすすめの宿泊施設がたくさんあります。


梵の湯で癒された体をゆっくり休ませるのに絶好のスポットです。

ミッションヒルズ迎賓館

こちらはゴルフ場に併設されている宿泊施設になります。


料金がリーズナブルにもかかわらず、食事は品数が豊富。


宿泊施設が、山頂にあるのでとても眺めが良いです。


部屋は通常のものとコテージを選択することができます。


他の秩父の宿泊施設と比べてもかなりリーズナブルで梵の湯からも近いのもポイントです。


▼梵の湯からミッションヒルズ迎賓館への地図はコチラ
google map
▼予約はコチラ

いこいの村ヘリテイジ美の山

夕食も朝食も地域の食材をふんだんに使った色とりどりの品が勢揃いでとても美味しいです。
ホテルから見える山並みは絶景で時期と天気によっては名物の雲海も見ることができます。


宿泊施設が、山頂にあるのでとても眺めが良いです。


山を散策するコースが近くにあって、こちらでも良い景色が楽しめます。


▼梵の湯からいこいの村ヘリテイジ美の山への地図はコチラ
google map
▼予約はコチラ

和銅鉱泉 薬師の湯 ゆの宿 和どう

お部屋のテラスに面した窓が大きく開放感があります。


目に映る緑、鳥のさえずり、川の音。いつもの日常を忘れて、心からのんびり寛げるお宿です。


夕飯が美味しくて、季節感がありボリュームたっぷり。


お風呂から川の景色が観られる朝風呂がおすすめです。


▼梵の湯から和銅鉱泉 薬師の湯 ゆの宿 和どうへの地図はコチラ
google map
▼予約はコチラ

スポンサーリンク

梵の湯に実際に行った人の評判

ネットの評判をまとめてみました。

バイクツーリングの合間に寄って疲れをいやす方が多数見受けられました。


梵の湯の温泉の効能目当てで訪れる方も多いようです。


ツイートを見る限り温泉のヌルヌルスベスベに皆さん大満足のご様子です!

スポンサーリンク

梵の湯に実際に行ってみた感想まとめ

コインロッカーで硬貨が必要な満願の湯でも入館料はクレジットカード、キャッシュレス対応だったのでクレジットカードが全く使えないのには驚きました。


とはいえ、そこまで不便ではないと思います。


ただ、会員になる方法はもう少し明示していただきたいところですね。(どこにも書いてない)


個人的にはお風呂から出たあとは横になりたいので寝ころび処が無いのは若干残念です。レストランで寝ている人がいましたが、テレビはついているし、食事している人は普通に喋っているので寝にくいと思います。


それからサウナが狭いのでソーシャルディスタンスを考えると3人くらい先客がいると遠慮してしまいそうです。


温泉自体は本当に気持ちが良く、昼食後にお風呂に入ったらまたお腹が減ったので食欲増進に効果はたしかにありそうです(笑)。


お湯に浸かりながら寝られる場所があるのが温泉好きな私としてはポイントが高いです。

おすすめ関連記事

スポンサーリンク

梵の湯の住所・電話番号

◆施設名/秩父川端温泉 梵の湯
◆住所/埼玉県秩父市小柱309-1
◆連絡先電話番号/TEL:0494-62-0620
◆休館日/年中無休(メンテナンス休館日あり)
◆駐車場/あり
◆関連リンク/ホームページ


※記事内の情報は2021年1月31日時点のものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました